障害年金で家族を養う【マイファミリーを露頭に迷わせない】

障害者年金で健やかな生活を

ピックアップ

生まれつきの障害

指をさす女性

障害年金は働けない方に支給される年金となっています。そのため、不慮の事故や病気になってしまった方などが年金を受給しています。また、生まれつき障害を持った方にも適応される年金となっています。

うつ病も対象

病院の待合室

事故や病気で障害年金をもらうことが出来ますが、最近では精神的なうつ病でも年金を受け取ることが出来るようになりました。また、うつ病には等級があり等級により受けられる受給額が変わります。

最初の申請が肝心

医師と車いすの男性

社会保険労務士に相談をすることで、専門的知識が無い方でも障害年金の手続きを手伝ってもらうことが出来ます。また、社会保険労務士は専門知識を沢山持っているのでわからないことは何でも相談してみると良いです。

自分のもらえる年金

医師とお話

障害年金には主に3つの種類があり、この種類により貰える年金の種類が変わってきます。また、年金には請求の種類もあるので色々と調べる必要があります。最近ではネットで簡単に年金の仕組みを解説してくれるサイトがあります。

セミナーで相談

繋がれた手

障害年金は色々な手続きが必要になってきますが、始め受給をする方は無料のセミナーなどを受けてみると良いです。また、障害年金サポートサービスでも年中無休で相談を行なっているので利用してみましょう。

突然の事故

ペンで書類を指す

現在では色々な病気が蔓延しており、多くの方が病気にならないように日頃から気をつけています。例えば、風邪を引かないように日常的にマスクをして過ごしたりしています。マスクをすることで風邪の予防をするだけでなく、花粉症の対策をすることが出来るので花粉症の方もマスクをします。
他にも、体調を整えるために食事での健康管理を行う方もいます。食事で健康管理をすることで日頃から病気にかからない体づくりをすることが出来ます。このように、色々な方が独自の病気対策で健康を管理していますが、大病を患ってしまうととても大変なことになります。
例えば、病気で身体が動かないため仕事が出来なくなったり、学校などに通ったりする事ができなくなります。そうなると、お金を稼ぐことができなくなりますし、最悪の場合、寝たきり生活に鳴ってしまうことがあります。そのため、国はこのような病気で働けなくなってしまった方や事故などで動けなくなってしまった方のために、障害年金を普及しています。

身体が動けなくなると働くことが出来なくなるので、多くの方が病気や事故に気をつけながら生活をしています。ですが、日常的に身体に気をつけていても急に訪れる事故などは防ぐことが難しいです。もし事故に会い身体が動かなくなったら、働くことが出来ず大切な家族を守る事ができなくなります。
そのため、万が一のために保険などに入るなどで対策をする必要があります。もし、保険に入っていなくても働くことができなくなったら、障害年金をもらうことで家族を養うことが出来ます。